CTとマイクロスコープ

CT撮影による精密検査

CT撮影による精密検査

CTの有効性は、「視認が困難だったものが見える」ことです。CTは、従来のX線診査と異なり高解像度の3D画像を得られるため、実寸・立体で細かく診察できます。当院では、精密な診断によって症状の原因を探り、根本的な環境改善を優先します。

患者様にとってのメリット

  • その場ですぐに撮影できる
  • 詳細な画像で、患者様が理解していただきやすい
  • より安全・安心の治療を行える

CTで状態が把握できるもの

歯周病・歯牙疾患・歯根破折・顎関節・上顎洞 etc……

上記の状態を把握し、歯や歯周組織を保存するための精密な画像診断ができるため、患者様はご自身の状態を術前に正しく把握できます。

CT画像が必要な理由

CT画像が必要な理由

3D画像では詳細が見える
CTを使用することで、目視はもちろん従来のX線でも見ることができなかった部分を見ることができます。患部だけでなく周囲の骨の状態まで把握できるため、より安全な治療の選択に役立ちます。

照射線量
X線診査などで問題視されるのが照射線量です。私たちは照射線量を最少にして患者さまに価値ある情報が得られるように必要とする限局した部位を撮影できるCT装置を導入しています。また、歯科用CTは医科用のものと比べて100分の1程度という照射線量の低さが特徴です。

CT画像はどうして必要なの?1

CT画像はどうして必要なの?

※左の画像をクリックしていただくと、拡大画像をご覧いただけます。

右に口腔内の状態、左に通常行われている精査のための口腔内デンタル写真です。歯根の炎症の状態が確認出来ます。

CT画像はどうして必要なの?

※左の画像をクリックしていただくと、拡大画像をご覧いただけます。

CT撮影画像です。右上のボリューム画像(立体画像)と右下には通常では見ることのできない歯の側面から見た画像です。歯の歯根表面の骨(頬側の骨)が想像出来ないほどに消失している状態が確認できます(白い→の部分)。また、頬側の骨(表面の骨)は想像以上に薄い骨だということがわかります。歯を支えている歯槽骨を守る、保存することは歯周を管理すること、無くなる前にメインテナンスすることに尽きます。

CT画像はどうして必要なの?2

CT画像はどうして必要なの?

※左の画像をクリックしていただくと、拡大画像をご覧いただけます。

右はCT撮影された3D画像です、右下の赤いライン上の状態を示しています。左は従来のレントゲン写真で重なった画像(白いラインの厚み)でこれが2D画像です。この幅の中の様子が詳しくみえていません。歯科ではこの中の情報が必要なのがご理解出来ると思います。

また、CTではこの赤いラインを縦横斜めと任意の方向から観察できます。

CT画像の臨床ケース

上顎臼歯部の健康な状態

上顎臼歯部の健康な状態

※左の画像をクリックしていただくと、拡大画像をご覧いただけます。

健康な状態像です。今までは見えなかった為に感や経験に頼らざるを得なかったものがこのように鮮明な3D画像となり精密な情報が得られ診断の手助けとなります。

・左下画像の上部の暗い部分が上顎洞です。個体差によりこのように近接しています。インプラント治療ではこのように上顎骨の高さがない場合は、この洞粘膜(膜厚さ0,5mm程度)を挙上(ソケットリフト)して埋入します。

下顎第一小臼歯の2根

下顎第一小臼歯の2根

※左の画像をクリックしていただくと、拡大画像をご覧いただけます。

第一大臼歯の抜歯部位のインプラントの術前に撮影されたものです。第一小臼歯の歯根の数が上の画像では1根(パノラマやデンタル撮影ではこのように見えます)ですが左下のCT画像では希少な出現確率の2根である事が確認できます。

もしも、この状態がわからないまま治療になると、治療が不完全になりやすく症状が消えなかったり病気の再発となりやすいケースです。また、これまでの予後不良のケースではこれを含めた個体差が関係していることが予想されています。治療が優先するのではなく原因の除去は云うまでもありませんが、ブラインドの範囲に及んだ治療ではよりリスクが高まります。改めて、健康なときにこそ優先して病気を未然に防ぐための管理の大切さを感じます。

下顎臼歯の歯周病

下顎臼歯の歯周病

※左の画像をクリックしていただくと、拡大画像をご覧いただけます。

上のCT画像では第2大臼歯(ブリッジの左側の支えている歯)の歯根の先端だけに黒い影として病巣(パノラマレントゲンではこのように見える)が見えますが、左下のCT画像で歯根の周り全体、特に通常のレントゲンの死角となる頬側(歯の左側)に病巣が拡がっている様子が確認できます。

下顎臼歯の歯根の肥大および開大

下顎臼歯の歯根の肥大および開大

※左の画像をクリックしていただくと、拡大画像をご覧いただけます。

抜歯後にインプラントの予定で第一大臼歯の抜歯の術前に撮影された画像です。上の画像では冠の被っている歯根(近心根:左側)ともう一つの歯根(遠心根:右側)が見えます。下の2枚の画像で遠心根は先端が2つに分かれています、また頬舌的(左下の写真)に骨の中で肥大し開大している様子が確認できます。シビアな状態のために過去に抜歯が困難だった理由も理解できます。

下顎前歯部の広範囲病巣

下顎前歯部の広範囲病巣

※左の画像をクリックしていただくと、拡大画像をご覧いただけます。

広範囲にわたる病巣(暗い部分)が確認できます。主訴は他部位でしたがパノラマ撮影(全体レントゲン)で異常が見つかり撮影されたCT画像です。唇側(左下の画像で歯の左側)の歯を支えている骨が歯根の先端まで消失しています。グラグラになり噛めなくなるや歯が突然なくなると日常生活に影響しますがのこの時点で早期の治療計画が立てられ貴重な診断資料となります。

上顎の歯根病変と上顎洞の関係(2Dと3Dの画像比較)

3D画像

3D画像

※左の画像をクリックしていただくと、拡大画像をご覧いただけます。

主訴として走ると響く、ときどき違和感があったようです。パノラマ画像で第2小臼歯の歯根先端の病巣が確認されましたがそれ以上の診断が不可能でした。CT撮影では炎症が上顎洞(副鼻空腔)へ波及している状態がわかります。

2D画像

2D画像

※左の画像をクリックしていただくと、拡大画像をご覧いただけます。

病巣(暗い影)は歯根尖に限局しているように見えています、実際はCT画像のように上顎洞へ波及しています。

マイクロスコープによる精密な治療

マイクロスコープによる精密な治療

精密性がを求められる多くの診療科(脳外科など)では常識となっているマイクロスコープですが、近年では歯科においても使用されるようになりました。歯科治療はミクロン単位の精度が求められる治療も多いため、マイクロスコープによる拡大視野での診断診療が重宝されます。

当院でもマイクロスコープを早期導入し、診療水準の向上に努めています。失った歯、削った歯は、二度と元通りには戻りません。精密な診査で適切な治療をすることで、大切な歯を長期にわたって保つお手伝いをします。